こどもプラスの運動療育はダウン症児の発達も促します。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ダウン症は染色体異常により起こるもので、

特有の顔立ち、知的発達の遅れ、運動発達の遅れなどが特徴です。

全般的に発達が遅めですが、親子の関わりや療育によって

成長発達を促すことができます。

 

ダウン症の子ども達は筋肉量の少なさや筋緊張の低下、

関節の弱さなどがあり、運動では配慮が必要ですが、

こどもプラスが提供する運動療育プログラムは

ダウン症のお子さんにも安心して行なって頂けるように

内容を個々に合わせて調整することができます。

 

教室で提供している運動療育プログラムから

「忍者の平均台渡り」をご紹介します。

平均台の上を、忍者のようにつま先歩きで静かに渡っていきます。

大事なことは速く歩くことではなく、

音を立てずに静かに歩くことです。

 

平均台の上という高さのある狭い場所を歩くため、

落ちないように足元ばかり見てしまいがちですが、

下ばかりを見ているとかえってバランスを崩しやすいので、
目線は足元と数メートル先を交互に見ながら歩くように促します。

 

この遊びでは、バランス力や集中力、身体コントロール力、
空間認知力などが育ちます。

失敗が続くと楽しくなくなってしまうので、
苦手な子には難易度を調節したり補助についたりしながら

楽しい活動ができるように配慮しています。