発達障害の子に多い体幹の弱さを運動あそびで育てます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害を持つ子ども達の中には、

体幹の筋力の弱さがある子もかなり多くいます。

腹筋・背筋といった体幹の力が弱いと

日常生活での座り姿勢や立ち姿勢にも影響があります。

 

姿勢を維持することは生活の中で大いに必要になる力なので、

子ども達が遊びながら無理なく身につけていけるように

私達の教室ではサポートしていきます。

 

 

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「前後カンガルー」をご紹介します。

まず、ゴム紐などで少し高さのある障害物を作ります。

その前に立ち、指導者の「前・後ろ」の掛け声に合わせて、

紐に当たらないように前後にジャンプをします。

 

ジャンプの時に足がバラバラにならないように、

両足をしっかり閉じた状態で跳ぶようにします。

また、リズムよく連続ジャンプができるように

腕振りも意識して行ないます。

 

前に跳ぶのは簡単ですが、後ろに跳ぶのは難しいかもしれません。

後ろに跳ぶためには、足の指先に力を入れて後方に跳び、

着地でしっかり踏ん張る力が必要です。

また、そこから次のジャンプに備えて

準備をしなければいけないので、下半身や体幹の力、

バランス力、身体コントロール力などが養われます。

 

慣れてきたら「前・前・後ろ」など、指示をランダムにして

難易度を上げて遊ぶことにも挑戦します。

1人1人が必要としている力を見極めながら、

遊びの中で確実に力を身につけていけるように

促していきたいと思います。