個々の発達障害の特徴を理解し、導いてあげることで問題行動やトラブルが減ります。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラス

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害の子は、知識のない人からは

「わがままな子」とか「変わった子」などと

思われてしまいがちですが、

周囲の正しい理解は、生活を送っていく上で

とても大事なことになります。

 

「みんなと同じように」ではなく、

その子の特性を理解し良い方向に導いてあげることで、

多くのトラブルは減っていきます。

 

私達の教室でも、1人1人に合った支援を行い、

子ども達の能力を引き出していけるように心がけています。

 

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「うつ伏せレスキュー隊」をご紹介します。

1本の縄を床にまっすぐに置いておきます。

子どもは縄の端でうつ伏せになったら、

縄を両手でしっかり握ります。

そして、手に力を入れて体を引き寄せるようにして前に進みます。

 

手の力だけで進めない場合は、足で地面を蹴りながら

進んでも良いので、慣れてきたら足は後ろに伸ばして、

手の力だけでできるだけ速く縄の端まで進めるようにします。

また、慣れてきたら仰向けでも挑戦し、

より強い腕の引き付ける力や腹筋背筋を養っていきます。

 

腕の力や握力が弱くて苦手な子には、

縄を両手で握っている状態で指導者が引っ張ります。

縄につかまって引っ張られているだけでも

腕の力を養うことができるので、

無理なく少しずつ力をつけていくようにします。

 

いつもスモールステップで行い、

子ども達がたくさんの成功体験を積んで

自信をつけていくことができるように、

日々の療育活動を進めていきたいと思います。