叱るより褒めることで発達障害児の成長を促します。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達には、

叱るよりも褒めることで改善を促すことが大切です。

特に、大きな声で感情的に怒ってしまうと

パニックやかんしゃくを起こさせてしまうので、

注意をする場面でも静かに落ち着いた口調で話します。

 

療育の効果を高めるためにも、

子ども達との信頼関係を大事にしながら

日々の関わりを大切にしていきたいと思います。

 

 

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供する

運動療育プログラムから「動物のフープ渡り」をご紹介します。

小さめのフープを複数用意し、間隔をあけながら並べます。

子ども達はフープに手足が当たらないように、

フープの中だけに手足を入れてコースを渡っていきます。

 

最初は、四つんばいから膝とお尻を上げて歩く

クマ歩きで渡っていきます。

他にも片足クマ歩きやカエルジャンプ、カンガルージャンプなどの

好きな動物の動きで進んでみます。

 

フープ同士の間が空いていることで、

手足をつく時に、距離を測る空間認知力が養われ、

身体コントロール力も上げることができます。

慣れてきたらフープ同士の間隔を広げて挑戦します。

 

他に難易度を上げる方法としては、

ジグザグのコースにしたり、

フープの色を複数用意して、入っても良い色や

入ってはいけない色を指定したりすることで、

頭と体を使って遊ぶことに挑戦していきます。

 

子どもによって得意・不得意があるので、

1人1人が達成感を感じられるようにしながら

運動あそびをしていきたいと思います。