発達障害傾向の子はクラスに数人の割合でいると言われています。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害や、その傾向がある子ども達は

今や1クラスに数人はいると言われています。

しかし、その子達が全員必要な支援を受けられているかというと、

必ずしもそうではないのが現状です。

 

 

発達障害は先天的な脳機能障害によるもので、

放っておくと症状が悪化したり、

新たに二次障害を併発したりすることがあります。

そして生涯つきあっていかなければいけないものなので、

できるだけ早い段階での気付きと対応が

その子の人生にとって何より重要です。

 

私達こどもプラスの放課後等デイサービスでは、

学校の終わった後の時間や長期休暇中に

子ども達に療育を提供しています。

教室で提供している運動療育プログラムの中から

「クマさん歩き」のアレンジ遊びをご紹介します。

 

まずクマさん歩きは、四つんばいから膝とお尻を上げて

歩く動きです。

床にはゴムボールを半分に切った形のものを

少し間を空けながら並べておきます。

そのボールの上だけに手足を乗せるようにして、

クマさん歩きで進んでいきます。

 

平地で歩く時よりも強いバランス感覚が必要になり、

ボールの上だけに手足を乗せることで

空間認知能力も養うことができます。

ボールの列を1列にしたり2列にしたり、

子ども達の様子によって調節しながら遊んでいきます。

 

慣れてきたら色、数、順番などの要素も入れながら、

さらに集中力や記憶力なども刺激していきます。

 

バランス力や空間認知力が身に付くことで

普段体の動きがぎこちない子や、

よく転んでしまう子も改善につながるので、

1人1人が必要な力をつけていけるように取り入れています。