ASDの特徴的な記憶力は良い方向に伸ばすことで将来につながる可能性があります。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達の「記憶力」は

特徴的です。

さっき言ったことはすぐに忘れてしまっても、

一度見ただけの文章を一瞬で記憶してしまったりすることがあります。

 

興味のあることにはとことんのめり込む特徴があるので、

良い方向に伸ばしていくと

それが他への意欲につながったり、

将来の職業につながったりする可能性もあるので、

得意なことは伸ばして自信にしていけるような

関わりが大切になります。

 

 

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「サルの玉乗り」をご紹介します。

鉄棒につかまり、腕を曲げてぶらさがったら、

鉄棒の下に置いてあるボールに足を乗せ、玉乗りをします。

 

鉄棒にぶら下がったままボールの上にうまく乗るには、

体重を全てボールに乗せるのではなく、
腕で体重を支えながら乗ることがポイントです。
また、足先と膝をうまく使って、ボールの位置を
コントロールすることも必要になります。

 

この時、足を動かすために腹筋を強く使うことになるので、
まだ腹筋が弱い子は、ボールを支えてあげるなどの

補助をしながら少しずつ練習していきます。

 

この遊びは腕の懸垂力や腹筋を育て、

逆上がりの達成につながる遊びです。

逆上がりでは一度に複数の力が必要になるので、

1つ1つ確実に身につけていくことで

失敗経験を減らして成功体験を増やし、

自信をつけながら習得していくことが大切になります。

 

運動によってつけた自信や意欲を、

日常生活や学習面でも活かせるようにしていきたいと思います。