発達障害児は勝ち負けに強くこだわることがあり対策が必要です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

 

 

発達障害のある子ども達の中には、

「勝つこと」に強いこだわりを持つ子がいます。

発達障害の有無に関わらず、小さい子どもなら

ゲームで負けてかんしゃくを起こすことは珍しくないのですが、

勝つことにこだわりのある発達障害児では

大きくなっても強いかんしゃくやパニックを起こしたりします。

 

小さいうちはかんしゃくを起こさないように避けていくことも

必要ですが、幼稚園や保育園、小学校などの

集団生活の場では全て避けて通ることは難しく、

少しずつ対応力を身につけていくことが必要になります。

そのためにも療育は大切です。

 

 

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「前後カンガルー」をご紹介します。

ゴム紐などで、少し高さのある障害物を作っておきます。

障害物の前に立ち、「前・後ろ・前・後ろ」の掛け声に合わせて

ゴム紐に当たらないように前後にジャンプをします。

 

ジャンプする時も着地の時も

足がバラバラにならないように両足を揃えることと、

リズム良く連続ジャンプができるように

腕を振ってジャンプをすることを意識して行ないます。

 

前に跳ぶのは簡単ですが、後ろに跳ぶのは難しいことがあります。

後ろに跳ぶ時は、足の指先に力を入れて後方に跳び、

着地でバランスを崩さないようにしっかり踏ん張ります。

そしてすぐ次のジャンプに備えて体勢を整える必要があるので、

バランスをとる体幹の力が養われます。

 

慣れてきたら「前・後ろ」だけでなく「前・前・後ろ」などと

前後をランダムにして遊んでみます。

ランダムになるとしっかり指示を聞いて動く必要があるので、

より聞く力や判断力、集中力を強く育てることができます。

相手に意識を向けることでは社会性も養うことができるので、

子ども達の興味を惹きながら

繰り返し遊べるようにしています。