ASDはその脳の特性によって不安やストレスの多い生活をしているので理解と支援が必要です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ASD(自閉症スペクトラム)の人は、

全体を広く認識することが苦手なために

様々な不安や困難があります。

先の見通しを立てることができないので

いつも不安で、教室の様子が変わったり

先生や友達が変わること、

急な予定変更は不安でたまらなくなります。

 

自閉症の子ども達が常に不安にさらされていることを

周囲が理解し、支援・サポートをしていくことが大切です。

 

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「アヒルの柵越え」をご紹介します。

足を太ももの付け根から開いて、しゃがみます。

手はアヒルのくちばしとしっぽをイメージして、

口とお尻にくっつけます。

このアヒルの姿勢で、縄などの低い高さの障害物をまたいで進んでいきます。

だんだんお尻が上がって中腰になりがちなので、

お尻をしっかり落として

つま先歩きで歩くようにします。

 

しゃがんだ姿勢でつま先歩きをすることで、

バランス力や身体コントロール力が強く養われます。

さらにその姿勢で障害物をまたぎながら歩くことで、

一瞬片足立ちの不安定な状態になるので

さらに強いバランス力や足の指先の踏ん張る力などが

養われます。

 

また、アヒル歩きの姿勢では足を股関節から

開くことがポイントになります。

最近は股関節が硬くて足を大きく開けず、

跳び箱の開脚跳びが苦手な子も増えているので、

日常的な取り組みの中で体の柔軟性を高め、

体の動く範囲を広げたり、怪我予防にもつなげていきたいと思います。