ASDでのこだわり行動は心の安定を保つものということを理解する必要があります。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ASD(自閉症スペクトラム)の特徴のひとつとして、

こだわり行動があります。

同じ位置に同じ物がないと落ち着かない、

道順はいつも同じでなければパニックになる、

その場所では同じ物しか食べない、

DVDを見ていても同じ場所だけ繰り返し見る、

教室では同じ座席にしか座らない、

予定通りでしか動かない、

長袖の服しか着ない、など人によって様々です。

 

こだわり行動の中には、人に迷惑をかけたり

物事が予定通りに進まなかったりして

周囲が苦労をすることも多々ありますが、

こだわり行動は、それをすることによって

心の安定を保っているので、危険が無い場合は無理にやめさせず、

それをしなくてもいいように導いていく、

環境を整えていくことが大切です。

 

見えている行動だけでなく、その背景や原因を

周囲がしっかりと見極めてあげることが必要です。

 

 

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「折り紙飛ばしゲーム」をご紹介します。

折り紙でうさぎやカエルなどを事前に作っておきます。

それをスタートラインに置き、

手には細長くしたタオルの端を持ち、

手を振り上げてタオルを床にたたきつけて

折り紙に風を送ることで進めていきます。

 

腕を振り上げる動作がボール投げの練習になります。

今は、脇を開いて腕を振り上げるという動作が

苦手な子がとてもたくさんいるので、

こうした遊びの中で動きを経験していくことが大切です。

 

折り紙作りからどんどん遊びを発展させていき、

自主性も高めながら取り組めるようにしていきたいと思います。