得意・不得意の差が大きい発達障害児を個々の療育カリキュラムで支援します。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ASD(自閉症スペクトラム)、ADHD、LD(学習障害)、

それぞれに様々な苦手なことや困難がありますが、

発達障害の有無に関わらず、誰でも得意・不得意の差はあります。

 

苦手なことがあっても、他でカバーできていたり、

生活に支障をきたすほどでなければ良いですが、

生活で様々な困難を感じることが多い場合には

支援が必要になります。

 

人によって苦手なことやその程度には差があるので、

必ず個々に合った支援が必要です。

私達こどもプラスの放課後等デイサービスでは、

個別の療育カリキュラムで子ども達に療育を提供します。

 

主軸の運動療育プログラムの中から

「跳び箱フープ内ジャンプ」をご紹介します。

跳び箱の上から、下に置いたフープの中に着地する遊びです。


ジャンプをする時や着地の時は両足を揃えたまま行い、
腕振りもするようにします。

高く大きなジャンプをすると危ないので、
フープの位置は跳び箱からあまり遠くない位置にします。


また、難易度を上げる時も跳び箱を高くしたり
跳び箱からフープを遠ざけるのではなく、
左右にずらしたり、フープを2~3つなげておき、
着地の後にカンガルージャンプで進むようにしたりすることで

難易度を上げながらも危険度は下げて

遊びを提供するようにしています。

ジャンプ遊びは両足を揃えて行なうことで

足の指先の踏ん張る力や脚力、

腹筋などをしっかり刺激することができます。

また、ジャンプに腕振りを連動させることで

縄跳びの練習にもつなげていくことができるので、

1つ1つのポイントを大事にしながら

丁寧に行なっていきたいと思います。