保育園など集団生活の場に入ると発達障害特性が目立ち、気付くこともよくあります。 療育的な運動支援と学習サポートのこともプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

子ども達が初めて出会う集団生活の場といえば、

保育園や幼稚園です。

集団生活の場に入ると、家庭にいる時は気づかなかった

発達障害の特性もよく見えてきます。

 

先生の言葉の指示が通らず、みんなと同じ活動が

できなかったり、ダメと言われても廊下に飛び出して

どこかに行ってしまったり、

毎日のように友達とのトラブルがあったり、

反対にいつも1人で遊んでいて人と関わろうとしなかったり。

 

もちろん小さい子どもなら誰しもこうした面は

持ち合わせていますが、その度合いによっては

やはり支援が必要になってきます。

適切に対応することで、少しずつ適応力が身についてくるので、

その子にとって一番良いやり方を見つけてあげることが大切です。

 

 

 

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「スキップ手たたき」をご紹介します。

スキップをしながら、スキップのリズムに合わせて

手をたたく遊びです。

 

スキップのリズムを保ちながら、同時に手も動かすには、

2つのことを同時に処理する能力が必要になります。

子ども達にとっては難しいことも多いので、

スキップと手たたきのリズムが揃わない場合は、

スキップだけや手たたきだけの練習をしていきます。

1つ1つの動きを確実にしてから、

少しずつそれが連動できるようにしていきます。

 

また、スキップ自体がうまくできない場合は

片足ケンケンやギャロップでも良いので、

無理なく楽しく遊べることを大事にします。

 

少しずつ、上半身と下半身の連動性を高められるように

繰り返し行ないながら、跳躍力や足の指先の力、

集中力やリズム感も育てていきたいと思います。