発達障害の特性を良い方向に伸ばすことで将来につなげることができます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達は、

苦手なこと、できないこともたくさんありますが、

他の人にはない得意なこともたくさんあり、

持っている特性を強みとして活かすことができれば

それを将来の仕事につなげることができたり、

思いがけない才能を発揮する可能性も秘めています。

 

発達障害の特性、ASDでは集中力や記憶力の高さ、

ルールや規則を必ず守ること、

細かな違いや変化に気付くこだわりの強さなどを

良い方向に伸ばしてあげることが大切なことです。

 

 

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「ウルトラマン」をご紹介します。

子ども達は2人一組になり、フープを引っ張る役と
フープにつかまって引っ張られる役を決めます。

 

引っ張られる役の子は、うつ伏せになってフープを両手で握り
顎を開いて、足は伸ばして閉じておきます。
引っ張る役の子は、ペアの子の方を向いてフープを持ち、

後ろ向きに引っ張って歩きます。

 

まっすぐ進むだけの時は比較的簡単ですが、
カーブする時は、引っ張られる子は体が左右に振られて
ひっくり返りやすくなります。
足を閉じて全身に力を入れておくと

ひっくり返りにくくなります。
引っ張る子も、相手がひっくり返らないようによく見て

いきなり強く引っ張ったり、急な方向転換をしないように
気をつけて引っ張ります。

 

この遊びでは、どちらも握力や懸垂力、腹筋背筋などを
養うことができます。

また、お互いに相手の様子に意識を向けながら動くことで

社会性も身に付いてきます。

 

慣れるまでは子ども同士のペアではなく

指導者と組んで行なうので、安心して遊ぶことができます。