ADHDの特徴は環境の変化や成長によって変わることがあり適切な対応が必要です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ADHDの特徴は「不注意」「多動性」「衝動性」が

代表的なものとして挙げられますが、

この全てが現れるわけではなく、

人によって症状には様々なものがあります。

 

また、環境の変化によって症状が改善されたり

悪化したりすることや、成長とともに特性が変化することも

あるので、周囲の見極めと適切な対応が必要です。

 

 

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「フープまたぎくぐり」

をご紹介します。

フラフープを椅子にかけて、高さのある障害物を作ります。

 

まずはフープに当たらないように気をつけながら

フープの端をまたいで中に入ります。

そしたら、フープをまたいで外に出ます。
帰りはフープの中にまたいで入ったら、
出る時はうつ伏せになって地面を這うように進む

ワニ歩きでフープの外に出ます。

 

この時に頭やお尻がフープに当たりやすいので、 

最後までフープに当たらないように、

見えない部分にまで意識を向けるようにします。

どうしてもフープに体が当たってしまう子は、

フープの代わりにまっすぐな棒でチャレンジします。

 

この遊びでは身体周辺感覚やバランス感覚が育つので、
普段から転びにくくなったり、

人や物にぶつかることが減ります。

 

楽しく遊べるようにアレンジしたり、

他の遊びと組み合わせたりしながら遊んでいきます。