子どもの得意不得意を把握することでより良い支援ができます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害特性のある子ども達1人1人に合った

支援をするためには、好きなことや嫌いなこと、

得意なことや苦手なことなどをしっかり把握する必要があります。

 

そうすることで、子ども達の問題行動や不適応行動が

見られた時に原因を素早く見極めることができ、

適切な対応で改善を促すことができます。

 

日々子ども達の様子をしっかりと観察し、

安心して毎日の生活が送れるように支援していきたいと思います。

 

 

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「切り替えしウシガエル」をご紹介します。

まずウシガエルの動きは、足を開いてしゃがみ、
両手をくっつけて中についたら、
手→足→手→足の順に前に出して進む動きです。

 

このウシガエルで、コーンをジグザグに置いて作った

ジグザグコースを進んでいきます。
切り返しポイントにコーンを置いておき、
ウシガエルでそこまで行ったら両手を軸にして、
お尻を外側に振るようにして、方向転換をします。
この時、目線はコースの外側ではなく、コーンの方を
見なければうまく切り返しができないので、

わかりやすいようにして行ないます。

 

この遊びでは、跳び箱や側転など様々な運動の上達に
つながる力をつけることができます。

腕の支持力が弱い子は、体重が支えきれずに

顔から転んでしまうことがあるので、

子どもの発達段階に合わせて提供し、

スモールステップで無理なく力をつけていきます。