発達障害と睡眠障害には密接に関わっています。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ASD(自閉症スペクトラム)やADHDなどの発達障害の

子ども達は、二次障害として睡眠障害を発症することが

多い傾向にあります。

 

原因は1つではなく、感覚過敏や脳内物質の不足、

切り替えの苦手さなど人によって様々ですが、

発達障害と睡眠障害は密接に関わっているとされています。

 

そのため、単に朝早く起こせば良いとか、

日中の運動量を増やすというようなことでは改善が難しく、

場合によっては薬の使用も必要なことがあり、

専門家と相談しながら治療していく必要があります。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで

提供している運動療育プログラムから

「足抜き回り着地でポーズ」をご紹介します。

 

鉄棒で足抜き回りをし、着地したら好きなポーズを決めます。

勢い良く回転すると、落下したり、着地でフラフラして転んだり、
脱臼などの怪我をしやすいので、
ゆっくり回転して静かに着地ができるように促します。

 

静かに着地をさせようと言葉で伝えても

難しいことが多いので、着地ポイントにフープを置いて、
その中に着地するようにします。

そうすると、回転の途中で着地位置を目視で確認する

必要があるので、ゆっくり回転しやすくなります。

フープ以外にもいろいろな物を使って、

子ども達が自分の動きをコントロールしやすいように

促していきます。

 

また、着地の後にポーズを決めるということを

回転しながらも覚えていて、実行するということも

大事なポイントです。

かっこいいポーズを考えながら楽しく遊ぶようにしています。