特性の目立たない不注意優勢型のADHDは見つけにくいですが支援は必要としています。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスです。

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ADHDの子どもと聞くと、授業中に歩き回ったり

友達にすぐ手を出したり、言うことを聞かない

わんぱくな子どもをイメージする人が多いと思います。

 

しかし、そうした多動性や衝動性の目立たない

不注意優勢型のタイプの子もいます。

特に女の子ではこのタイプが多く、

気付かれないまま大人になるというケースも多くあります。

 

症状が目立たないから支援は必要ないのかと言うと

そうではなく、やはり生活の中で困難さを感じていることが

多いので、早い時期から支援していくことが大切です。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで

提供している運動療育プログラムから

「横跳びカップタッチ」をご紹介します。

 

赤、緑、黄色など複数の色のカップを2列に間を空けて並べ、
両足をくっつけて跳ぶカンガルージャンプで、
カップをタッチしながら進んでいきます。

 

この遊びでは、斜めジャンプでジグザグに進むのではなく、
真横にジャンプすることができるようにします。

スムーズな横ジャンプをするためには、腕振りを

連動させることがポイントになります。

カップをタッチすることばかりに気をとられていると

ジャンプがおろそかになってしまうので、

まずは腕振りジャンプだけの練習をします。

 

慣れてきたら、タッチするカップの色を

「ほうれん草の色」や「赤と緑だけ」、「赤→黄色→緑の順に」

などと指示していきます。

指示の出し方だけでも難易度調整が幅広くできるので、

1人1人に合わせて行なうことができます。

 

楽しく体を動かすことができるように、

子ども達の好きなことや興味のあることに合わせて

工夫した療育活動をしていきたいと思います。