診断の有無よりも子ども達が生活しやすくなる支援が必要です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

放課後等デイサービスで療育を受ける子ども達の中には、

ある年齢までは特に問題なく成長したが、

その後発達障害と診断された子や、

幼い頃から発達障害と診断がついている子、

ずっとグレーゾーンのままの子など様々です。

 

大切なのは診断がついているかどうかというよりも、

本人が感じている生活の困難さを減らす支援です。

一人一人が必要としている力を引き出しながら、

将来に向けた支援やサポートをしていきます。

 

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「跳び箱ジャンプで

タンバリン両手タッチ」をご紹介します。

 

1段の跳び箱と、タンバリンを2つ用意します。
子どもが跳び箱の上に乗ったら、跳び箱の少し前に

2つのタンバリンをかざします。
子どもは跳び箱から跳び下りながら、

両手でそれぞれのタンバリンをタッチし、着地します。

 

タンバリンの位置が跳び箱から遠かったり、
2つのタンバリンが左右に離れていると難しくなるので、
最初のうちは跳び箱の近くで、左右のタンバリンが
くっつくほど近い位置になるようにかざします。

 

タンバリンをタッチすることに気を取られると
着地まで意識がいかず、バランスを崩してしまうことがあるので

難易度調整や安全な環境設定などに気をつけ、

無理なく楽しく挑戦できるようにします。

 

そして、この遊びを通して高所感覚や全身のクッション性を養い、
2つのことを同時に行なうという器用さも

少しずつ身につけられるようにしていきたいと思います。