ADHDは幼い頃から人間関係のトラブルが起きやすく、早期の療育が必要です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ADHDの子ども達は、その特性から、幼児期から

友達とのトラブルが起きやすく、

家庭や保育園や幼稚園などでも叱られたり

注意をされる場面が多くなりがちです。

 

本人がいくら努力しても、脳の特性なのでどうしても

同じ失敗を繰り返してしまい、常に強いストレスを

感じながら生活していることがあります。

 

それが二次障害につながらないうちに改善できるように、

幼い頃からの療育活動でトラブルの元を減らしておくことが

大切になってきます。

 

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「壁のぼり」をご紹介します。

鉄棒にマットを布団干しのようにかけて、
壁に見立てた物を用意します。

 

この壁をよじ登って、反対側に降ります。

まず両手と片足をマットにかけて上によじ登ったら、
マットの上で方向転換をし、後ろ向きで足から降ります。


方向転換せずに頭から降りようとすると
頭から落ちてしまうので、必ず方向転換して
足から先に降りるように見本を見せながら伝えておきます。

 

この遊びで、高所感覚やバランス感覚、身体コントロール力、
空間認知力などの力を育てることができます。

苦手な子には補助についたり、鉄棒よりも低くて安定する

跳び箱に変えたり、その子に合わせた内容にして

提供していくので安心です。

 

子ども達が「やってみたい」「楽しい」と思える

ものをたくさん提供していき、

効果的に力を伸ばしていきたいと思います。