子ども達は発達障害の特性により様々な困難を感じています。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害の人の感じ方、見え方、聞こえ方などを

理解することはなかなか難しいことです。

最近では疑似体験ができる機会もありますが、

それが日常的に続いている辛さは

私達の想像を超えるものなのだと思います。

 

その特性によって様々な困難や不安、ストレスの中で

生活をしているのですから、

苦手なことやできないこともたくさんあります。

 

発達障害のある子ども達の生活から困難が減るように、

日々の療育活動でしっかりと支援していきたいと思います。

 

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラム「さつまいもでメダル運び」をご紹介します。

 

子ども達は2人ペアになり、向かい合ってうつ伏せになります。

2人の間には直径30cmほどのフープを置き、

両手を伸ばしてフープを一緒に持ちます。

 

2人でフープを握ったら、両足をまっすぐ閉じて、

横にごろごろ一緒に転がっていきます。

そして、そのままゴールまでフープを運びます。

 

自分だけのペースで転がっていくのではなく、

2人で転がるスピードを合わせることが大事なので、

お互いに相手の動きを意識しながら転がれるようにし、

社会性や協調性などを身につけていけるように

促します。

 

上手にできるようになったら、動作を1つ追加したり

他の要素も加えたりしながら、少しずつステップアップし

生活に必要な力の発達を目指していきます。