発達障害では指示が伝わりにくい傾向があるので個別の支援が必要です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害の子ども達には指示が伝わりにくく、

特に集団の中では言われた指示を聞き取って

理解することが苦手です。

 

そこで、そのような場合には個別に指示を伝えるようにします。

その時にも、わかりやすいように

はっきりとした口調で端的に伝えたり、

視覚的に示しながら理解を促すように工夫をします。

 

子どもによって言葉の理解度や、理解しやすい方法が

違うので、1人1人に合わせた方法で

理解を促しながら、少しずつ理解力を上げていきます。

 

 

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「クマ歩きからの前転」

遊びをご紹介します。

 

まず、ゴール地点にマットを敷いておきます。

子ども達は、スタートラインで四つんばいから膝とお尻を

上げたクマ姿勢になります。

そしてクマ歩きでマットに向かってまっすぐ歩いて行き、

マットに着いたら、頭を下げて、足の間から後ろを見ます。

 

この時、マットに頭をつけることができれば

そのまま前転の動きにつながります。

できそうなら自分で前転をし、

まだあと少しという場合は、補助で回してあげるようにします。

 

まだ前転が苦手という子も、補助で回してあげることで

実際に動きを体験することができるので、

それがきっかけで回れるようになる場合もあります。

 

また、クマ歩きの動きは、子ども達の体の発達に

とても重要な、腕の支持力や手足の協応性、

身体コントロール力などを身につけることができます。

高度な運動技術よりもこうした基礎力を

しっかりと養うことで生活に役立つ力を

育んでいきたいと思います。