発達障害の得意不得意の差は努力だけでは埋められないので支援が必要です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害のない定型発達の子ども達でも大人でも、

誰にでも得意・不得意はあります。

絵は得意だけど算数が苦手だったり、

体育は得意だけど音楽は苦手だったり、

本を読むことは好きだけど人と話すことが苦手だったり、

それぞれが、苦手なことで苦労していたり

みんなに追いつこうと努力したりしています。

 

それでも努力だけでは追いつけないのが

発達障害のある子ども達です。

この子ども達も、周囲がしっかりサポートして

あげることで必ず成長します。

私達も、様々な療育活動で子ども達の発達を促し、

日常生活がしやすくなるように支援していきます。

 

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「カップひっくり返し競争」

をご紹介します。

 

たくさんのカップを用意し、ひっくり返した状態で

床にばらまいておきます。

子ども達は両足をくっつけて跳ぶカンガルージャンプで

このひっくり返ったカップを、全て反対に返していきます。

全てのカップをひっくり返したら、またカンガルージャンプで

最初の位置まで戻ってきます。

 

カップを早くひっくり返したくて走っていきたい気持ちを

我慢して、カンガルージャンプで進むことで抑制力が育ち、

友達と協力したり、ルールを守ることで社会性なども

養うことができます。

 

 

慣れてきたら競争にしたり、カンガルージャンプの他に

クマ歩きなどでもチャレンジしていき、

繰り返し行なうことで子ども達の基礎筋力や

判断力、記憶力、集中力、感情のコントロール力などを

よりしっかり育てていきます。