発達障害の診断は様々な要素から総合的に判断されます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害は先天性の脳機能障害ですが、脳波やMRI検査だけで

診断をすることはできません。

生育暦などの聞き取り、心理検査など様々な要素から

総合的に判断して診断が下されます。

 

よく発達障害チェックリストなどもありますが、

それだけでは発達障害を確定することができません。

また、発達障害は1つではなく複数を併発していることも

多いので、必ず専門家に診てもらうことが必要です。

 

必要な支援を早期に受けることで、

日常生活がしやすくなるので、適切な対応が欠かせません。

 

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで

提供している運動療育プログラムから

「配達ゲーム」をご紹介します。

 

少し離れた台の上に帽子やペン、折り紙、カップなど

いろいろな物を用意しておきます。

子どもは、指示された物を取って戻ってきます。

指示の出し方は、最初のうちはイラストなどを使って行ない、

「頭にかぶる物」や「細長い形の字を書く物」

「黄色い紙」など、言葉での指示にも挑戦していきます。

1人1人に合った方法で少しずつレベルアップを目指します。

 

聞く力や語意力、イメージ力などを無理なく

身につけていけるように、1人1人に合った方法で

たくさん遊びこんでいきたいと思います。