発達障害の子ども達には環境調整が大きな意味を持ちます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害のある子ども達にとって、環境調整をしてあげることは

とても重要なことです。

定型発達の子でも、理解しやすいように

おもちゃをしまう箱にシールを貼ったり、

宿題をする前に机を片付けてテレビを消したり

配慮をしますが、それをより細かく丁寧に

その子に合わせたやり方で行なうようにします。

そうすることで不安やストレスが軽減し、

パニックを起こすことも減ってきます。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで

提供している運動療育プログラムから

「クマ忍者の修業(平均台)」をご紹介します。

 

平均台や巧技台の上に両手をついて、
足だけで左右にジャンプする遊びです。

最初のうちは足を開いて、片足ずつまたぐようにジャンプします。
慣れてきたら、両足一緒に左右にリズムよくジャンプをします。

 

手は固定したままで足だけを動かすので、
身体コントロール力やイメージ力、空間認知力、

集中力も養われる遊びです。
さらに、両足をくっつけて同時に左右にジャンプをすることで
下半身の連動性も高まり、足先だけでなく

腰からのジャンプを習得することができます。

 

高さの低い平均台で行いますが、まだ支持力や体幹が

弱い子や高さが怖い子などは無理にやらせず、
マットでのクマ忍者の修業で力をつけていきます。

少しずつステップアップしていくことで

確実に力をつけることができるので、

無理せず楽しく挑戦していきながら

跳び箱や側転などの動きにもつなげていけたら

良いと思います。