ADHDは脳に未熟さがあり様々な特性や困り事が生じます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ADHDは脳の発達に未熟さがあり、

「不注意」「多動性」「衝動性」の症状の他にも

年齢相応のことができにくかったり、睡眠障害があったり、

体の不器用さがあったりと、

日常生活に支障を来たすことがあります。

 

本人の努力だけでは追いつくものではないので、

周囲の理解、サポートなど適切な対応が必要です。

 

こどもプラスの放課後等デイサービスでも

1人1人の特性、困り事に寄り添いながら療育を行なっています。

 

教室で提供している運動療育プログラムの中から

「指先カップ運び」をご紹介します。

子ども達は数人ずつ、横一列に並んで座ります。
体操座りのように膝を立てて座り、両手は後ろについて

軽く体を支えるようにしておきます。


一番端の人にカップを1つ渡すので、それを足の指先で

挟んで持ち上げ、隣の人に渡していきます。
隣で受け取る人も、足の指先を使って受け取ります。

 

カップの挟み方は、片足の指先で挟んでも、
両足の指先で挟んでもどちらでも良いですが、
受け取る時も渡す時も足だけで行なうようにします。

 

スムーズにカップを渡していくためには、隣の友達と

息を合わせることがポイントになります。

相手が受け取りやすい位置を考えたり、

足を離すタイミングを考えたりすることも大切なので、

ゆっくり丁寧に行なうことを大事にします。

 

上手にできるようになってきたら、競争にも挑戦し、

友達と楽しく遊ぶ経験を重ねていきたいと思います。