発達障害では特性に合わせた工夫で活動の質が上がります。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ADHDの子ども達は、気が散りやすく集中を持続させることが

苦手な傾向にあります。

そこで、課題を行なう時などはできるだけ不要な刺激が

入らないように工夫をしたり、集中して何かをする時間を

短時間で区切ってつなげるようにしたりします。

また、興味のあることには集中しやすいので、

模型を使ったり、視聴覚教材を用いるのも効果的です。

 

子どもに合わせた支援や工夫をすることで

同じ時間の活動でもかなり中身が違ってきます。

1人1人に最適な方法でサポートしていけるように

今後も心がけていきたいと思います。

 

今日は、教室で提供している運動療育プログラムから

「〇×グーパー」をご紹介します。

〇×ゲームを、全身を使って表現して遊びます。

 

〇×クイズを出すので、答えが〇だと思ったら、

両手両足を大きく広げて伸ばす

「パー」の姿勢になります。

答えが×だと思ったら、両手は曲げて胸の前に付け、

足を閉じた「グー」の姿勢になります。

 

出す問題は、絵カードや写真を使うものから始めます。

いちごの絵を見せながら

「これはバナナです。〇か×か。」など

簡単なものから始めて少しずつ難易度を上げていきます。

慣れてきたら、影だけのシルエットカードやジェスチャー、

言葉だけの問題などいろいろなことに挑戦していきます。

 

個々に言葉の理解力などが異なるので、

1人1人に合った内容で行ない、

聞く力、考えて判断する力、イメージ力、集中力、

記憶の操作力などたくさんの力の発達を促していきます。