発達障害でのこだわりや過集中に対して無理に止めるのは禁物です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ADHDでもASDでも大なり小なり、特定のことにこだわり、

興味のあることに没頭して取り組む傾向があります。

集中するとなかなか次のことに切り替えることが

難しくなりますが、だからといっていきなり制止したり

やめさせることは禁物です。

 

子ども同士で止めに入ってしまったりすると

トラブルにもなるので、適切に対応していけるように

子ども達をよく観察して活動していくようにしています。

 

今日はこどもプラスの放課後等デイサービスで

提供している運動療育プログラムから

「スキップリレー」をご紹介します。

 

子ども達をいくつかのチームに分けて、スキップでリレーを行います。

大事なポイントは、必ずスキップで進むこと、

自分の順番を忘れずにいて、順番がきたらスムーズにバトンが

もらえるようにすることです。

 

リレーなので速く進みたくて走りたくなりますが、

それを我慢して必ずスキップで進むように促します。

ルールに則って遊ぶことで子どもの社会性や自制心が養われます。

 

スムーズなスキップがまだできなかったり、

遊び方が子ども達に合っていないとうまくいかないので、

しっかりと必要な力を身につけながら

楽しく挑戦できるようにスモールステップで

進めていきたいと思います。