発達障害では空間認識能力が弱い傾向があり、運動あそびで力を養うことができます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ADHD、ASDなど発達障害の子ども達は、
「空間認識能力」が弱いことがあります。
そして、それは日常生活の中でも様々な影響があります。

 

例えば
よく物にぶつかる、つまづく
迷子になりやすい
立体を把握できない
文字や数字を書くのが苦手
運動が苦手
などのことが起こりやすくなります。

 

空間認識能力は、運動によって効果的に鍛えられます。

私達の教室では運動療育を主軸としているので、

楽しく体を動かして遊びながら力を育てていきたいと思います。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで

提供している運動療育プログラムの中から

「おつかいリレー」をご紹介します。

 

少し離れた台の上に、いろいろな絵カードを置きます。
子ども達は数人で1つのチームになり、
指定された絵カードを1人ずつリレー形式で持ってきます。

例えば「白くて空に浮いているふわふわした物」などの
お題が出されたら、答えをチーム全員で考えます。

答えがわかったら一番最初の人が取りに行き、
次の人と交代します。
1人ずつ順番に行ない、チーム全員ができるだけ速く
ゴールできるように協力して遊びます。

 

 

順番を覚えていたり、お題を聞いて考えたり、

友達とコミュニケーションを取ったりと

なかなか難易度の高い遊びです。

難しすぎるとつまらなくなってしまうので、

難易度を調整したり遊び方を工夫しながら

1人1人が無理なく取り組めるように配慮しています。