ASDもADHDも過集中になりやすく適切な対処が必要になります。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ASDやADHDの子ども達は、興味のあることを始めると
それに没頭し、過集中になってしまうことがよくあります。

一度過集中の状態になってしまうと、
次の行動に移りたくてもなかなかこちらの声が届きません。

 

だからといって集中している時に無理矢理途中で遮ると、

パニックやかんしゃくを起こすことがあり、

余計に行動を切り替えることが難しい状況になってしまいます。

 

そこで、集中が解けるのを待つか、過集中になりそうだと思ったら
その前に終わり時間を決めたり、次にやることの説明をしておきます。

子ども達が自分で優先順位を決めることは難しいので、
その子に合った方法で理解を促しながら

少しずつ切り替え力も身に付けていけるように

支援・サポートをしていきたいと思います。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムの「忍者カンガルーの縄越え」をご紹介します。

 

少し高さのある縄を、両足を揃えて跳ぶカンガルージャンプで

跳び越えて遊びます。

縄の高さは子ども達の膝の高さ程度に設定します。

 

縄の前に立ち、両膝をくっつけたままジャンプしますが、

「忍者」なので、できるだけ足音を立てないように

静かにジャンプ、着地をします。

 

音を立てない静かな着地を意識することで、

下半身のクッション性や全身の連動性を高めることができます。

また、ジャンプ遊びでは足の指先の踏ん張り力や脚力、

腹筋背筋もしっかり育てることができます。

 

 

慣れてきたら連続で跳んでみたり、前だけでなく

後ろにも跳んでみたりしながら、

楽しく効果的に遊んでいきたいと思います。