発達障害の子ども達の行動改善には効果的な声掛けが必要です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害を持つ子ども達が、問題行動やトラブルを起こした時の
対応では、いくつか注意する点があります。

 

子どもによく言ってしまいがちな

「こんなことしたらダメでしょ!」や
「どうしてこんなことしたの?」は効果的ではなく、
「〇〇がいやだったんだよね。」や
「△△がしたかったんだね。」と
まずは子どもの気持ちを受け入れ、言葉にしてあげるようにします。

 

それから「してはいけないこと」をわかりやすく伝え、
代替行動を提案したりしながら、改善を促していきます。


子どもの気持ちに寄り添いながら支援していくことで、

声のかけ方やかけるタイミング、効果的な代替行動などが

見えてくるので、まずはよく観察することが大切です。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「ターザン」遊びをご紹介します。

 

鉄棒の真ん中辺りに折りたたんだ縄をくくりつけ、
ぶらさがった縄が下につかない程度の長さに調節します。
縄はただくくりつけるだけでは取れてしまって危ないので、
折った縄の輪の中に反対側を通して取れないようにします。

 

そして、ぶら下がった縄の輪の部分に足をかけて
両手で縄を握り、ターザンのように前後に揺れて遊びます。

鉄棒が苦手な子でも安心して取り組める遊びです。

 

私達の運動プログラムでは、運動が苦手な子でも

遊び感覚で楽しく取り組めるように工夫されています。

 

そして、たくさんの成功体験を積んで自信をつけることが

できるので子ども達の心も体も育てることができます。