発達障害の子ども達は、多くの不安やストレスの中で生活をしています。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ASD、ADHD、LDなどは、生まれつき脳機能に問題のある

発達障害で、病気のように「治る」ということはありません。

 

見た目には変わった特徴はなく、目も見えて耳も聞こえていますが、

それがうまく脳に伝わりません。

感覚を司る機能がうまく働かないため、感じ方も違います。

いつも混乱した感覚の中で、不安を感じながら

精一杯生きています。

 

子ども達の不安やストレスが減り、安心して

生活を送ることができるように私達もサポートしていきます。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで

提供している運動療育プログラムから

「アヒルダッシュ」という遊びをご紹介します。

 

膝を開いてしゃがみ、つま先立ちになります。

そして、この姿勢で歩いたり走ったりしてみます。

 

このアヒルの姿勢でスムーズに進むためには、

足を出す時に太ももの付け根辺りから

大きく動かすようにすることがポイントです。

普段歩く時にはあまり意識して動かさない部分なので、

運動あそびで積極的に動かしていきたいと思います。

 

しゃがみ姿勢でのつま先歩きはやってみると

意外とバランスをとるのが難しい動きなので、

最初はゆっくり歩ければ良いです。

 

徐々に安定して速く走ること、足音を立てずに走ることで

少しずつ上達を目指し、強い体幹の筋力や巧緻性などを

育てていきたいと思います。

 

また、集中力をつけたり、友達と関わったり、

順番を守ったりすることも、運動療育では自然と

身に付けていきやすいので、いろいろな力の発達を

促すことができるように工夫していきたいと思います。