運動療育で発達障害の子ども達のボディイメージを高めます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達の特徴で、

自分の体をイメージしにくいということがあります。

 

腰から下の感覚が鈍くておむつが取れるまでに

時間がかかったり、

歩く時に人や物によくぶつかる、

手や足を動かす時は、見ながらでなければうまく動かせない

など、人によって様々です。

 

これは、日常生活の中で支障を来たすことも多く、

対人関係でのトラブルや怪我にもつながることなので

まずは正しい理解、そして正しい支援が必要です。

 

こどもプラスの放課後等デイサービスでは、運動あそびによる

運動療育が主軸で、楽しみながら体を多様に動かすことで

少しずつボディーイメージを身に付けていきます。

 

教室で提供している運動療育プログラムの中から

「跳び箱跳び移りジャンプ」をご紹介します。

 

1段と2段の跳び箱を複数用意し、低い→高い、高い→低いと

なるように少し間隔を空けて並べます。

跳び箱の代わりに丸めたマットを使ったりもします。

 

その跳び箱の上をジャンプしながら、1人ずつ渡っていきます。

急いで渡るとジャンプごとに足の指先で踏ん張ることが

できないので、ゆっくり1つずつ渡れるように

最初にしっかりと伝えておきます。

 

高さが怖い子は、足元ばかりに目線がいき、

腰が引けて背中が丸くなってしまいがちです。

下を向いてしまうと体のバランスが崩れやすくなり、

かえって落ちやすくなってしまうので、

足元と前の跳び箱の両方に目を向けながら

渡れるように促します。

 

また、苦手な子には隣に立って手をつないであげる補助がありますが、

手を引っ張ってジャンプをさせてあげるのではなく、

子どものジャンプを少し補助する程度にします。

 

できるだけ自分の力で達成し、達成感や成功体験が

増えるようにして、自信をつけられるようにしています。