発達障害の子ども達は自分の気持ちを伝えるのが苦手という特徴があります。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害の子ども達の中には、自分の気持ちや感情を

相手に伝えるのが苦手な子が多くいます。

そのため、パニックを起こしたり何かを嫌がっている時は、

その原因をつきとめることが重要になります。

 

例えば外に散歩に行くのを嫌がるのは、

前回犬に吠えられたからかもしれないし、

衣服の感触が嫌なだけかもしれません。

 

「これがやりたい」「あれが嫌だ」など自分の気持ちを

伝えられないことはとてもストレスの多いことなので、

周囲の理解と支援はとても大切です。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで

提供している運動療育プログラムから

「その場での片足クマさん」をご紹介します。

 

まず、基本のクマさんの姿勢になります。
クマさんは、四つんばいから膝とお尻を上げて前を向いた姿勢です。
ここから片方の足を後ろに上げて、
両手と片足の3本足で立つのが片足クマさんです。

この姿勢になったら、両手は床についたまま動かさずに、
ついている片方の足でジャンプをしながら、
その場で右回りや左回りに回転して遊びます。


途中で左右の足を交代し、繰り返し行いながら

スピードを上げたり、ステップを多く踏めるようにしていきますが、

慣れてきたら回数を数えていったり、

友達と競争したりしながら上達を目指して遊びます。


そして、遊びながら楽しく腕の支持力や体幹の筋力を養い、

日常生活で生かしたり怪我の予防につなげられるように

していきたいと思います。