ASDの子ども達は感覚過敏によって生活の中で多くの耐え難い苦痛を感じていることがあります。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達は、何かしらの

感覚過敏の症状を併せもつことが多く、他の人にとっては

何気ない環境でも、彼らにとっては耐え難い苦痛の場所である

ということも少なくありません。

 

私達の身の回りには、いつも音、映像、匂いなどの情報が

氾濫していて、それを自分で選択したり調整したりすることが

苦手なので、周囲が助けてあげる必要があります。

 

子ども達が安心して日常生活を送れるように、

私達も精一杯支援していきたいと思います。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「予測じゃんけん」をご紹介します。

 

子ども達と向かい合って座り、最初にグーチョキパーの手を確認します。
「グーに勝つのは?」「チョキに勝つのは?「パーに勝つのは?」と
子ども達と一緒にしっかり確認しておきます。

 

そしたらじゃんけんを始めますが、
「先生はグーを出します。みんなは先生に勝つ手を出してね!」と
こちらが出す手を先に伝えてからじゃんけんをします。
この「グーに勝つのは・・」と考える時、脳が働いています。

 

何度か繰り返し、勝つことがスムーズにできるようになったら、
次は負けることにも挑戦してみます。
負ける方が難しいので、確認しながらゆっくり行ない、

負けることに抵抗がある場合は無理強いはしません。

 

あくまでも楽しく参加できることが大切なので、

それぞれに合った方法で少しずつステップアップを目指します。

 

子ども達にとって居心地の良い安心できる場所になるように

心がけていきたいと思います。