発達障害の子ども達の苦手にはじっくり丁寧に寄り添います。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害の子ども達のトイレトレーニングは、

定型発達の子どもと比べて時間や手間がかかる場合があります。

また、その原因は1つではなく、個々に違います。

 

「トイレに行きたい」と伝えることができなかったり、

腰から下の感覚が鈍くてギリギリまで気付かなかったり、

トイレのにおいや寒さ、置物が嫌なだけということもあります。

 

排泄は生きていく上で欠かせないことなので、

じっくり丁寧に寄り添ってあげることが必要です。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「ジグザグカエルジャンプ」

という遊びをご紹介します。

 

まず、足を横に開いてしっかり腰を落としてしゃがみ、
両手をパーにして足の間につきます。
そしたら、手足同時に跳び上がり、カエルのように
ぴょこぴょことジャンプをしていきます。

 

このカエルジャンプがスムーズにできたら、次はフープを使って

ジグザグのコースを作り、その中をカエルジャンプで進んでいきます。

ジグザグコースで左右に動きを切り替えることで、

足の指先の踏ん張り力や体幹の筋力が育ちます。

 

また、コースがあることで先を読む力や空間認知力なども

養うことができるので、1人1人に合わせた遊び方で

無理なく楽しく遊んでいけるようにしたいと思います。