発達障害の二次障害として睡眠障害を併発するケースも多くあります。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ASD(自閉症スペクトラム)やADHDの子ども達は、

発達障害の二次障害として睡眠障害を併発していることが多く、

家族も日常生活に支障を来たしている場合があります。

 

夜になるにつれてハイテンションになって明け方まで

寝ない日々が続いたり、

寝たと思ってもすぐに起きて大パニックを起こしたり

(夜驚症)することもあります。

 

それは夜泣きと呼べるようなレベルではなく、

夜驚症におちいっている子どもにはどんな声をかけても

届かず、落ち着くまで待つしかないのもつらいところです。

しかもそれが毎日のように続けば、付き添っている方も体が持ちません。

 

症状がひどければ医師に相談するなど、早めの対処が必要です。

 

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「カメさんゴロゴロ」をご紹介します。

 

ず、床にうつ伏せになり、背中を反らせて両手で足首を持ち、
顎を開いてカメさんのポーズになります。
この姿勢で、「ゴロゴロ」という音(雷の音)が聞こえたら
足を離して床にぺたっとなります。
これを何度も繰り返して遊びます。

慣れてきたら、「ゴロゴロ」の代わりに「からすがきた!」

と言ったら頭を両手で押さえるようにするなど、

合図の言葉やポーズを変えながら、
語彙力や判断力、集中力、記憶力なども刺激していきます。

そしてカメさんのポーズでは、柔軟性と背筋力が強く養われ、
太ももや首の筋力も育つので、普段の良い姿勢作りや
怪我の防止にも効果が期待できます。

 

1人1人に合わせて遊びをアレンジしながら、

力を引き出し、伸ばしていきたいと思います。