発達障害は複数を併発していることもあり適切な対処が必要です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害は、主にASD(自閉症スペクトラム)、ADHD、

LD(学習障害)と分けられていますが、
必ずしも1つだけが現れるわけではなく、
複数の障害を併発していることも少なくありません。

 

複数の障害特性があると、それぞれの障害による困難さが
重なるので対処法も難しくなり、苦労やストレスが大きくなります。
また、そこから二次障害として精神的な疾患を併発してしまう可能性も

多々あるので、早い段階での正しい理解と、適切な支援が

必要になります。

 

私達こどもプラスの放課後等デイサービスでも、

診断名だけでなく個々の特性や得意不得意にしっかりと寄り添い、

子ども達の不安やストレスを減らして、安心して生活が

できるように支援・サポートをしていきたいと思います。

 

今日は、教室で提供している運動療育プログラムから

「ボール足挟み渡しっこ」をご紹介します。

 

子ども達は数人ずつに分かれて座ります。

裸足で体操座りのように座ったら、両手は後ろにつきます。

 

足を前に出して両足の指先でボールを挟んで持ち上げます。

この時、指先に力を入れることで腰から足全体に力が入り、

下半身の連動性を高めることができます。

 

足でボールを持ち上げたら、隣の友達に渡していきます。

受け取る人も、両足の指先で挟むようにして受け取ります。

 

ボールを足で持ち上げる時、強く腹筋が養われます。

できるだけ高い位置でボールの受け渡しができるように

最初の見本と声掛けで伝えておき、

腹筋の発達を促します。

 

また、ボールを渡すやりとりで、相手とコミュニケーションを

とったり、相手が受け取りやすいように気遣うことを

覚えることも大切なポイントです。

 

 

わかりやすく理解を促しながら、こうした遊びの中で、

社会性の部分をしっかりと育てていきたいと思います。