ASDでは短期記憶に弱く長期記憶に強いという特徴もあります。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達の記憶力は特徴的です。

例えば、短期記憶には弱くてついさっき言ったことは

忘れてしまうことがほとんどなのに、

何年も前のことを昨日のことのようにはっきりと覚えていて

話をしたり、一度見ただけの建物や車の絵を細部まで

正確に書き上げたりします。

 

この長期記憶の良さは良い方向に伸ばしていけば

才能として活かせるのはもちろんですが、

本人にとっては辛いこともたくさんあります。

それは過去の悲しい記憶や恐怖の記憶など、辛いことも

いつまでも鮮明に記憶してしまうことです。

 

子ども達のこうした不安やつらさを少しでも軽減し、

安心して生活ができるようにサポートしていきたいと思います。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「ジグザグスキップ」をご紹介します。

 

縄やテープでジグザグコースを作り、その中をスキップで進みます。
ジグザグのコースをしっかり視覚で捉えながら、
腕を振るタイミングとジャンプのタイミングを合わせて
一定のリズムで進む動きなので、とても頭を使う難しい動きです。

 

左右に方向転換をする時には、曲がる方向を事前に予測して
タイミングよく体をひねり、
上半身の動きに連動して下半身を動かします。
スキップではこれを片足の状態で行なうことになるので、
体を器用に動かす巧緻性を強く育てることにつながります。

 

スキップ自体がスムーズにできないと難しいので、

スキップ遊びが十分に上達してから取り入れ、

無理なく取り組めることを大事にして、

楽しく体を動かしていきたいと思います。