発達障害の子ども達の自己肯定感を高めることも治療の1つです。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ADHDの子ども達は、物事の優先順位をつけるのが苦手で、

あれもこれも思いついたら手をつけてしまいがちです。

そのため、気がついたら部屋の中がやりかけの物だらけで

足の踏み場も無い状態になっていたり、

出かけなければいけない時間になっても身支度や準備が

できていなかったりと、生活に様々な支障があります。

 

症状によっては、投薬して症状の改善だけでなく

失敗経験を減らして成功体験を増やし、自信をつけたり

自己肯定感を回復させながら療育を進めていくことになります。

 

「できることが増える」のは、子どもにとって自信になるので、

療育活動の中でも成功体験の積み重ねを大切にしています。

 

今日は、教室で提供している運動療育プログラムから

「180度回転のグーパー跳び」をご紹介します。

 

まず手と足を伸ばして広げるパーの姿勢になります。

そこから体をねじって180度回転しながらジャンプし、
後ろ向きに手足を閉じたグーの姿勢で着地します。

次は前向きになるように、また180度回転して跳び、
今度は手足を開いたパーで着地します。
この動きを交互に繰り返しながら前に進んでいきます。

 

この回転ジャンプでは、空間認知と言われる力を強く刺激します。
体を回転させながら、距離や方向がずれないように意識して
跳んでいくので、子ども達には難易度の高い動きです。

また、バランス力も強く育ちます。

 

ジャンプ遊びは子ども達の体の発達にとても良い遊びです。

体幹や下半身の筋力をしっかりと養い、

体を器用に動かすコントロール力も身につけながら

日常生活での良い姿勢作りやスムーズな身のこなし、

怪我の防止にもつなげていきたいと思います。