ASDではどんなタイプでも人間関係の困難さがあります。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ASD(自閉症スペクトラム)の代表的な特徴は、

社会性の障害、コミュニケーションの障害、想像力の障害(こだわり)

ですが、知的障害を伴うことが多かったり、

知的な遅れはなくても言葉の発達に遅れがあったりと、

それぞれに困難さがあります。

 

特に対人関係の難しさは、成長とともに大きな悩みになってきます。

早期の対応がとても大切なので、一人一人に合わせて

少しずつスキルアップを目指していきましょう。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「サルの玉乗り」をご紹介します。

 

鉄棒を逆手に握り、肘を曲げた状態でぶら下がります。
鉄棒の下にはマットを敷いてボールを置いておき、
子どもは鉄棒にぶら下がったらそのボールの上に5秒ほど乗ります。

 

ボールに勢い良く跳び乗ったり、肘を伸ばして全体重をボールに
乗せるのではなく、あくまでも腕に力を入れてぶら下がった状態で、
体重をコントロールしながら乗れるようにします。

 

体重をコントロールしてボールに乗るためには、
肘を曲げて腕に力を入れることがポイントになります。
肘が伸びているとコントロールができません。

また、足の指先や膝を使って力の入れ加減を調整することも
必要で、それによって腹筋も養われます。

 

慣れてきたらそのままボールを足で挟んで持ち上げてみたり、

ボールを投げてみたりしながら、
少しずつ動きを発展させていくと、最終的に逆上がりの

達成につながっていきます。

 

遊びながら力をつけ、スムーズな技術習得で自信もつけながら

活動を進めていきたいと思います。