ASDでは視野が狭く生活に支障を来たすことがありサポートが必要です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達には

視野が狭いという特徴があり、個人差はありますが
周りがよく見えていないことがあります。
そのため、下にある物に気付かずよくつまづいたり、

壁や人にぶつかりやすい、後ろから急に近づくと驚く、

遠くの物に注意を向かせることが難しい、

ということがあります。

怪我をしないように配慮をしたり、気付きやすい工夫をし、
少しずつ視野を広げるトレーニングも取り入れながら、

子ども達をサポートしていきたいと思います。

 

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「電車クマさん」をご紹介します。

 

床にビニールテープなどで線路に見立てた2本の線を引きます。

子どもは、四つんばいから膝とお尻を上げたクマの姿勢で
線路の上に乗り、線路から落ちないように歩いていきます。
右の手足は右の線の上、左の手足は左の線の上です。

 

線路から落ちないように歩くことで、バランス力が身につき、
足は見えない位置で動かすので、
空間認知力やボディイメージを高めることにつながります。
足は見えない位置で動かすことで線から落ちやすいので、

最初に見本を見せ、ゆっくりで良いので線路から落ちないように
慎重に歩くことを伝えます。

 

線の上を歩くには集中力や抑制力も必要になるので、

難易度調整や環境調整をしながら、1人1人が達成感、成功体験を

たくさん感じることができるようにしていきます。