ADHDは二次障害になりやすい特性もあるので早期の支援が必要です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

日常生活では、毎日少なからずストレスを感じる場面があります。

そんな中で、ストレスに強い人と弱い人がいますが、

ADHDの人は特にストレス耐性が低く、ストレスに弱い傾向にあります。

 

また、感情のコントロールが苦手なこともあって、他人からの何気ない

一言で深く傷ついたり、ちょっとしたことで怒りの感情を

爆発させてしまったりすることがあり、

感情の起伏が激しく不安定なことも特徴です。

 

こうした特性は人間関係を難しくさせやすいので、

二次障害につながってしまったり、苦労することも多くなります。

そのため、できるだけ早期に支援をしていく必要があります。

 

こどもプラスの放課後等デイサービスでは運動療育を主軸としていますが、

療育活動の中で感情コントロール力や抑制力を身に付けたり、

人間関係形成に必要な社会性やコミュニケーション能力を

習得していくことができます。

 

教室で提供している運動療育プログラムの中から

「カンガルーが転んだ」をご紹介します。

「だるまさんが転んだ」を、カンガルージャンプで行います。

 

最後までカンガルージャンプを維持することが大事なので、
途中で走ってしまわないように約束しておきます。
必要に応じてハンカチや紙などを膝の間に挟み、
足を閉じることが意識できるようにします。

 

鬼の「カンガルーがころんだ」の声に合わせて、動く、止まるを
繰り返すことで静と動のメリハリが身につき、リズム感なども養われます。
また、人のタイミングに合わせて動くことは脳に良い刺激を与え、
感情のコントロール力を身に付けることにもつながります。

 

カンガルー以外の他の動物の動きで行なってみたり、
止まるときのポーズを決めたりしながら、
子ども達にあわせたルールで効果的に力をつけながら

遊んでいきたいと思います。