運動療育でワーキングメモリを強化し発達障害症状改善を目指します。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

「ワーキングメモリ」とは脳の一時記憶の能力で、

作業や思考の途中に必要な情報を一時的に記憶に留めておき、

その情報を必要に応じて選択して処理をする働きです。

発達障害の子ども達はこのワーキングメモリの能力が

弱いといわれています。

 

ワーキングメモリは日常生活の中の会話・勉強・家事・仕事など

あらゆる作業において必要になります。

この能力を高めることで発達障害の症状をなくすことは

できませんが、症状を軽減し改善していくことは可能です。

 

私達こどもプラスの放課後等デイサービスでは

1人1人の特性に合わせて療育を提供し、

発達障害特性による困難を軽減し生活のしやすさを目指します。

 

教室で提供している運動療育プログラムの中から

「並びゲーム」をご紹介します。

子ども達は、指導者が指示をした通りに並びます。

 

例えば、カラー帽子をかぶって色分けをしておき、
「赤い帽子の人は跳び箱の前、白い帽子の人は鉄棒の前に並びましょう」
と指示を出すので、子ども達は素早く移動して並びます。


他にも、壁に絵カードやイラスト、写真を貼っておいたり、

カラーコーンや人物などいろいろな物を使って

様々な条件やキーワードで指定していきます。

 

最初から複雑な指示ではなく、わかりやすい単純なものから始めて
少しずつ条件を増やしたり、伝え方を工夫しながら、
子ども達の語彙力や判断力、記憶力、気付く力を育てていきます。

 

またこの遊びでは、発達障害の子ども達が苦手な並ぶことの

練習にもなります。

前の人との距離を保ったり、1列や2列で並んで動かないことなど

遊びながら少しずつ身に付けていきたいと思います。