発達障害特性との上手な付き合い方を身につけることが将来の生活のしやすさにつながります。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害特性があっても、子どものうちは周囲のサポートがあり、

支援も手厚いのでストレスや困難が少ない状態で

生活できることもあります。
しかし、大人になるにつれて親や家族といった身近な理解者と離れて
生活する機会が増え、困難を感じる場面が多くなることがあります。

 

また、子どものうちは周囲も許容してくれることが多いですが、

大人になるとなかなかそうもいきません。

子どものうちに自分の特性を知り、適切な対処法を獲得したり、

療育によって症状の軽減をはかっておくことが大切になります。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「片足クマの通院」をご紹介します。

 

まずは、四つんばいから膝とお尻を上げたクマの姿勢から、
片方の足を後ろに上げて片足クマに変身します。

この片足クマの姿勢で、でこぼこした足場の悪い道を歩きます。

でこぼこの道は、マットの下に積み木や丸めたタオルなどの

障害物を入れて作ります。

 

不安定な足場の上を転ばないように片足クマで歩いていくことで
強いバランス力が育ち、毎回手をつく位置を考えながら進むことで
先を読む力や体の動きをコントロールする力も身についてきます。

 

競争ではないのでゆっくり転ばないように、一歩一歩正確に

進むことを大事にして歩きます。

子ども達の様子や発達に合わせて、コースの長さを調節したり、
難易度を変えていきながら、楽しく繰り返し遊び力をつけていきます。