ASDでは人や物にぶつかりやすい特徴もあります。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達には、人や物によくぶつかってしまう

という特徴が見られることがよくあります。

 

歩いていて前から来た人を避け切れなかったり、

曲がり角で曲がろうとして壁にぶつかってしまう、

ちょっとした段差につまづく、ドアノブを握り損ねてドアにぶつかるなど

のことが日常生活の中で多々あり、中には傷が絶えないという子もいます。

 

これは「固有感覚」の影響やボディイメージの弱さが原因としてありますが、

注意力が弱かったり、避けなければいけないことが

わかっていなかったり、理由は様々です。

 

個々にその理由を見極めながら支援していくことが

改善につながっていくので、1人1人に寄り添った支援を心がけています。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「逆グーパー跳び」をご紹介します。

 

まず、両手は腕を曲げて胸にくっつけるグー、
足は横に大きく開くパーの姿勢になります。
次は手をまっすぐ伸ばして大きく開くパー、
足はピタッと閉じるグーにします。
これを繰り返して、まずは手と足が逆の動きになることを
しっかり確認していきます。

 

それができたら、次はジャンプをしながら手足逆のグーパーを行います。

手と足が別の動きをするので、手と足のそれぞれにしっかり意識を
向ける必要があり、体の動きをコントロールする力が育ちます。


最初からジャンプをして動きを切り替えたり、速いスピードで行なうのは
子ども達にはとても難しいので、最初はゆっくり行ない、段階を追いながら
少しずつステップアップしていきます。

 

この遊びを繰り返していくことで、日常生活での集中力や抑制力にも

つながるので、無理なく取り組めるように楽しい雰囲気作りをして

遊んでいきたいと思います。