ASDでは嫌な記憶が鮮明に残り辛い思いを繰り返してしまうことがあります。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ASD(自閉症スペクトラム)の人達の記憶力は特徴的です。

特に嫌な記憶はいつまでも消えないだけでなく、

急にフラッシュバックしてきて不安になったり

パニックになったりすることもあります。

 

嫌な記憶というのも、他の人にとっては流せてしまうようなことも

多いので気付きにくいのですが、

周囲の人の不適切な接し方や不手際、その時の都合などによって、

やりたくなかったのにやらされたことや

やりたかったのにできなかったこと、うまくできなかったことなども、

いつまで経っても忘れることができません。

 

それが次の問題行動、不適応行動につながってしまうこともあるので、

子どもの気持ちに寄り添いながら、丁寧な支援をしていきたいと思います。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「つま先ダッシュ」をご紹介します。

 

子ども達はつま先立ちで、足音をできるだけ立てないように走ります。
走っている時も、ゴールした後もかかとはつかないようにします。

音を立てず静かに走るためには、小股で膝の曲げ伸ばしをうまく使うなど
いくつかポイントがあるので、見本を見たり実際にやってみたり

しながら、確認していきます。

 

このつま先ダッシュでは、裸足で行なうことで効果的に足の指先で
地面を蹴る力や土踏まずの発達を促すことができます。
今はこの指先の力や土踏まずが未発達な子が多く、普段から
バランスがとれずに転びやすかったり、歩き方がぎこちなく
ロボットのような動きになっている子が多くいます。

 

それは怪我や疲れやすさにもつながるので、こうした遊びを通して

足裏をしっかり刺激し、日常生活での動作の向上を目指していきます。

また、足裏の発達は速く走れることにもつながるので、

子ども達の自信をつけるためにも効果的な遊びになります。

 

ただ走るだけでは楽しくないので、いろいろなアレンジをして

楽しく遊べるようにしています。