コミュニケーションが苦手な子は要求を伝えられないこともパニックの原因になりやすく支援が大切です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害などの障害によって、コミュニケーションをとることに

苦手さがある子ども達は、やりたいことや欲しいもの、

怖くてできないことや好きではないものなどを、

相手に伝えることがうまくできません。

 

そのため、我慢やストレスがどうしても多くなりがちです。

それがパニックへの引き金になることもあるので、

「要求」「拒否」「選択」などのコミュニケーションの方法を、

その子がその時にできる方法で習得していけるように

個々に合った支援をしていく必要があります。

 

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムの「アヒルの柵越え」をご紹介します。

 

まずアヒル歩きは、足を開いてしゃがみ、手をアヒルのくちばしと

しっぽのようにして、つま先立ちで歩く動きです。

 

このアヒル歩きで、縄やゴム紐などで作った低い障害物をまたいで歩きます。

しゃがんだ姿勢で歩くアヒル歩きは、足を一歩出すごとに

右から左、左から右へと素早く体重移動をし、

倒れないようにバランスを取りながら歩くので意外と難しい動きです。

さらに障害物をまたいで歩くことで、強いバランス力や

足の指先の踏ん張り力が養われます。

 

疲れてくるとお尻がだんだん上がって中腰になりやすいので、

しっかり下に下げた状態で歩くように伝え、

無理のない範囲で短めの距離から行なうようにします。

 

うまく進めない場合は、指導者が前に立って手をつなぎながら

行なう補助をし、無理なく遊べるように配慮しています。

 

上手にできるようになったら障害物の高さを上げたり、

障害物の数を増やして難易度を上げていきます。

また、友達と競争したりすることも取りいれながら

少しずつ上達を目指し、身体面だけでなく精神面の発達も促し、

日常生活の向上につなげていきたいと思います。