ADHDなどでは授業に集中しにくい特性があり環境調整や工夫が必要です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ADHDなど発達障害のある子ども達は、その特性によって学校の

授業に集中しにくく、よそ見、ボーっとしている、

話を聞いていない、落ち着きがないといった様子が多く見られます。

 

子ども達が集中して授業に取り組めるように、

壁の掲示物をなくしたり、目につきやすい場所には目隠しをしたり、

教室の環境を整えてもらったり、余計な情報が目や耳から

入りにくいように席替えをしてもらうなどの対策も大切です。

 

学校の先生とうまく連携を取りながら、家庭と学校の両方で

サポートしていき、学校以外に放課後等デイサービスでの療育活動も

子ども達の能力を効率的に高め、良い方向に導いていくためには

とても大切になります。

 

私達の教室でも、1人1人の持っている力を最大限に引き伸ばせるよう

子どもの得意や苦手、興味、気持ちに寄り添いながら

個々に応じた支援をしています。

 

今日は、教室で提供している運動療育プログラムの中から

「クモの巣渡り」をご紹介します。

 

2本の縄を床から15センチほどの高さに設置します。
縄の外側に縄と並行に立ち、2本の縄の間に両手をついて
両足で横方向にジャンプし、縄を跳び越します。

 

ポイントは、両手は肩幅くらいに開いて手の指を伸ばし、

手が縄と並行になるようにつくことと、
目線を手ではなく着地点に向けておくことです。
着地点は、わかりやすいように印をつけておきます。

 

この遊びは側転につながる動きなので

足を高く上げて跳べることが目標ですが、
最初のうちは足を高く上げられなくても横ジャンプができればOKです。
慣れてきたら少しずつ着地点を遠くにしたり、
縄の高さを少し上げながら上達を目指します。

 

達成感が感じられるようにいろいろな工夫を加えながら

子ども達が楽しめることを一番にして、取り入れるようにしています。