運動療育で子ども達の総合的な発達を促していきます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

子どもの発達とは、身体的、情緒的、知的、社会的な発達が

成熟していくことですが、放課後等デイサービスの通う子ども達が

目指すのは、特に社会的な発達の面が大きくなります。

 

子ども達は遊びから学んでいくと身に付きやすいので、

遊びのルールを守ったり友達と一緒に遊ぶことで

少しずつ社会性の発達を目指していけることが大切です。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「ジグザグ片足クマ」をご紹介します。

 

床に縄やテープなどで1本線を引きます。
子どもは四つんばいから膝とお尻を上げたクマ歩きの姿勢から
片方の足を後ろに持ち上げた片足クマ歩きで、
この線の左右に手足をついてジグザグに進んでいきます。

 

まず手をついたら、足を振って横跳びをしながらジグザグに進みます。
腕の支持力が弱いと体重を支えきれずつぶれてしまったり、
腹筋背筋が弱いと着地でバランスを崩して転んでしまいます。
これらの力が十分育ってくると、速いスピードでもスムーズに進めます。

 

また、重要なのが足をつく位置です。
足をつく位置が悪いと次のジャンプの時に踏ん張りがきかず、
縄を踏んでしまったりしてうまくジグザグに進めません。
慌てずに落ち着いて1回1回のジャンプを確実にできるように
促していき、身体コントロール力を養っていきます。

 

友達がやっている時に座って見たり、上手なところを伝え合ったり、

見本を見せてもらったりしながら社会性やコミュニケーション能力、

言葉の発達にもつなげていきたいと思います。