発達障害特性によっておむつがとれにくい場合があります。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達に遅れがあったり、発達障害の診断を受けている子ども達の中には

おむつがなかなかとれないということがあります。

赤ちゃんの時からおむつの中ですることが習慣なので、

それがこだわりになっていたり、やり方を変えることに

抵抗がある場合や、自分の体の感覚に気付きにくいことから

尿意などを感じにくい場合もあります。

 

その子に合った方法で、段階的に移行していける工夫が必要です。

一緒に喜んだり、たくさん褒めていきながら焦らずに

進めていくことが大切です。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「手を叩きながらスキップ」をご紹介します。

 

スキップをしながら、スキップのリズムに合わせて手を叩きます。

最初はゆっくりで良いので、「タン・タタン」のリズムで

手を叩きながらスキップをしていきます。

 

スキップをしながら手を叩くことで、リズム感や身体コントロール力、

2つのことを同時に行なう力を育てることができます。

 

うまくできない場合は、スキップだけ、手叩きだけと動きを分解して

練習していきます。

スキップが不安な子は、まずはスキップの上達を目指す必要があるので

手を叩かず腕を振って練習したり、スキップではなく

片足ケンケンやギャロップで手叩きをしてみたりします。

 

また、スキップだけや手叩きだけならうまくできても、

同時に行なおうとするとバラバラになってしまうことがあります。

その場合は、友達のスキップに合わせて手を叩いてみるのも有効です。

 

自分の段階に合った課題を1つ1つクリアしていくことで

達成感や成功体験を多く感じながら取り組めるようにし、

運動でつけた自信を他の活動にも活かしていけるようにしています。