言葉の遅れがなくても会話のキャッチボールが苦手なことがあります。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害の子ども達は、言葉に遅れがなくても会話のキャッチボールが

苦手なことが多くあります。

相手の話を聞かず一方的に話し続けてしまったり、

質問されたことに対して見当違いな答えをしてしまったり

相槌の打ち方がわからなかったり、様々な理由があります。

 

個々の理由に応じて、スムーズな会話ができるように

少しずつ練習をしていくことが大切です。

こどもプラスの放課後等デイサービスでも、

1人1人に合った療育活動を提供し、楽しくスキルアップを

目指していくようにしています。

 

今日は、教室で提供している運動療育プログラムの中から

「電車一列歩き」をご紹介します。

 

子ども達は指導者を先頭にして縦一列に並んだら、前の人と一定の

距離を保ちながら歩いていきます。
両腕は肘を曲げて体の横につけ、電車の車輪のように回し、
できれば「ガタンゴトン」と声に出して言いながら歩きます。

前の人にぶつかったり、離れすぎたりしないようによく見て、
間隔は「小さく前ならえ」をした時と同じくらいに保つのがポイントです。


自分のペースで歩くのではなく、前の人をよく見てペースを合わせる

ことで社会性を育てていくことができます。
また、前の人を押したり追い越したりしないようにすることが
集中力や抑制力を育てることにもつながります。

 

多動性がある子では、周囲に興味を引くものがあると列を外れて

しまいやすいので、環境に配慮をしたり短めの距離設定から

始めるようにしています。

慣れてきたら8の字で歩いたり、障害物を避けて歩いたり、

歌を歌いながら歩くなどのいろいろなアレンジでも遊び、

上記の力をより発達させていけるようにしていきたいと思います。